プランター栽培ししとう


■ 家庭菜園でししとうの栽培⇒ベランダでプランター栽培

■種まき ⇒ 2月中旬〜3月下旬だが家庭菜園では苗を購入したほうが面倒がなくてよい
■定植 ⇒ 4月下旬〜5月中旬に植え付け
■収穫 ⇒ 6月上旬〜10月中旬⇒熟すと赤くなり、甘くなる。
■仕立て方:根を張る前に支柱をたて8の字にゆるく結ぶ。一番花のすぐ下のわき芽2本と主枝の3本仕立てにして、それ以下のわき芽は早めに取り除く。
■追肥:追肥は定植後、20日後くらいに追肥を行い後は半月ごと。
■連作障害:あり⇒プランター栽培の場合はプランターを替えればよい
■ナス科でトウガラシ、ピーマンの仲間です。シシトウの炒め物などを食べていると時々辛いしし唐があります。子供に嫌われがちです。
■先端が獅子の頭に似ていることから獅子唐辛子とよばれるようになったのが名前の由来だそうです。似ているような気もしますが、そもそも獅子の頭ってどんな形かよくわかりませんが、、、
■一株から30個以上のシシトウを収穫でき、ピーマン同様、病気に強く育てやすい緑黄野菜です。


ししとうの栄養、効能




■ ししとうのベランダでプランター栽培記録

ししとう苗の植え付け しし唐の苗植え付け(2011.4.17)
ししとうは株間隔が50cm、根もけっこう深いので丸ポット型の貯水機能付きプランターに元肥入りの野菜と花用の土とコーヒー滓で作った堆肥を入れ一株ずつ植えつけ水をたっぷり上げた。
ししとうは病気に強く育てやすいので家庭菜園向き
ししとう苗に花が咲いた写真 しし唐の苗に花が咲いた(2011.6.04)
ししとうの苗を植えていた貯水機能付きプランターになすびを植えつけたためししとうの苗は他の植木鉢タイプや長方形のプランターに植え替えたのですが気がつけば花が咲き出しました。
ししとうは病気に強く育てやすいので家庭菜園向きです。まあ〜、ほっといても大丈夫、水枯れには注意が必要ですが楽な植物です。
ししとうの初収穫 しし唐の初収穫(2011.7.01)
ししとうの栽培は簡単、ほったらかしていても花を付け実がなる。失敗はほとんどなく家庭菜園に適する。
土が悪く、苗の生育が悪く、貧弱だが実は付けてくれる。初収穫なので収穫量は少ないが花は結構咲いているのでこれから先収穫は結構ありそう。化成肥料を入れて追肥した。
野菜栽培は土が重要、プランター用の土を購入するときは安物は買わないほうがよい。結局、失敗することが多い。しし唐などは失敗はほとんどないが他のプランターでは失敗したのがある。
ししとうの収穫 しし唐の収穫、栽培は簡単(2011.7.10)
やせた土でもししとうの栽培は簡単、土がやせているので株は貧弱だが実はちゃんと付けてくれる。虫もつかない。
売っている苗も安く、水遣りを怠らない限りプランターでも栽培に失敗することはほとんどない。
しし唐、ピーマン、唐辛子は家庭菜園向きです。